長期優良住宅

これからの家造りスタイル、長期優良住宅とは?



「長期優良住宅」とは、住まいの骨組みを定期的にメンテナンスすることによって長期もつようにしっかり作り、設備や内装を20年を目途に更新し、その時代のライフスタイルにあわせた最新の暮らし方が出来るようにする住宅です。
いわば、家を建てた人が、次に住みたい人にバトンタッチしていける"長寿命な住まい"とも言えます。

地域木造優良(ちきゆう)住宅先導システム

※クリックすると画像が拡大します。

住まいの隅まで永く住まうための配慮を

地域の「ち」

地域の工務店に頼むといいこと。

  • 1.日頃からお客様と同じ目線で物事を考え、地域に適した住宅づくりができます。
  • 2.定期的に訪問してのアフターケアなど、お客様の大切な家うぃ末永く大切にしていきます。
  • 3.日頃からお客様と同じ目線で物事を考え、地域に適した住宅づくりができます。

木造の「き」

木の家に住むといいこと。

  • 1.環境への負担が少なく、良質で優れた特長をもつ木造の住宅は「人に地球にやさしい」。
  • 2.耐震性・耐火性の高い木材を構造材に利用することで、「強く長持ち」な住宅に。
  • 3.手作りの良さを発揮し、住む人の希望や条件に応じた自由な空間づくりができます。

優良の「ゆう」

優良住宅に住むといいこと。

  • 1.もし万が一、住宅に不具合が発生した場合でも、安心の保証制度でバックアップします。
  • 2.周囲の状況確認や十分な敷地・地盤調査など、安心の設計施工基準を実地します。
  • 3.施工基準・検査項目に則っての現場チェックと専門検査員によるチェック、二重検査を必ず実地します。

地球環境にやさしいいえづくり、エコ住宅とは?

省エネルギー・省資源で快適に住まう

私たちの家は、建てるときも、「住まい」として機能しているときにも、常に大量の資源やエネルギーを消費し、そして最後には廃棄されてしまいます。
だからこそ、将来も快適で心地よい暮らしを続けていくためには、地球環境を守っていく事が大切であると当社は考えています。
建物自体のライフサイクルを見据えて、環境に負荷かけない「住まい」づくりへの努力は、私たちの生活においてもイイコトがあります。
地球に住まう一員として、地球の限られた資源を有効に、いつまでも続けていくための方法とは何か、考えていかなくてはいけないものです。

資源を有効に使ったライフスタイル

私たちの日々の生活で、資源の有効活用はもっとも身近で大切な地球環境のお手伝いと言えるでしょう。
太陽熱を活用した温水器や発電・雨水の生活水利用など、私たちにとってイイコトが、地球環境にとってもイイコトとなるのです。

  • 法人様向け
  • 資料請求・お問い合わせ
  • ecoハウス研究会
  • 柏商工会議所青年部
  • チャリティーミュージックフェス 絆
  • 柏創生ライオンズクラブ
  • 柏レイソルパートナー
  • 柏レイソル後援会
  • 柏ゴールデンホークス
ページトップへ戻る